--> -->

暮らしの声

この街で暮らすご家族に、豊田で暮らすキッカケ、そして今の暮らしについて、リアルな声をインタビュー。
豊田の家族たち:写真メイン

豊田の家族たち:写真1

豊田の家族たち:写真2

Iさん

豊田市中心街、昔からある商店街の一角で
ゲストハウス兼コミュニティレンタルスペースを営むIさん。
生まれ育った大好きな豊田市に対する思い、
事業立ち上げのきっかけ、そしてIさんの支えになった地域の人とのつながりについて伺いました。
豊田市の魅力を発信したい、
地域でがんばる若い人を応援したい、
そんな思いがきっかけで始めました。

voice1

地域の魅力的なヒト・モノ・コトを伝え、
地域の若い人たちを応援する場を――。

学生の頃に参加した『とよた学生プロジェクト』での活動を通し、地域と関わる仕事の面白さを知りました。生まれ育った豊田市のこともどんどん好きになり、たくさんの人とのご縁も持てた。こうした経験や人とのつながりを活かし、卒業後も地域の人と人とをつなぐ仕事がしたいと思い、とよた市民活動センターでの就業を経て独立。地域の若い人たちが挑戦するためのきっかけづくりの場になればとの思いから、ゲストハウス兼コミュニティレンタルスペース『kabo.』を立ち上げました。現在は2019年夏に移転した竹生町で運営しています。毎日の暮らしを楽しくするためのきっかけづくりや、今より日常が豊かになる仲間づくり。また、地元の人が豊田の魅力を再発見できたり、あるいは豊田に引っ越ししてきたばかりの人が知り合いや友達を作り、豊田の情報を得られる場所になっています。

voice2

めざすは地域の人も県外の人も
気軽に寄れる『まちなかリビング』。

2階はゲストハウスで、1階にはコミュニティレンタルスペース、喫茶、そして委託販売スペースを設けています。委託販売スペースには、自分のお店はなくマルシェへの出店のみで、『kabo.』で初めて販売に挑戦するという人から、自分のお店もあるけどもっともっとたくさんの人に知ってもらいたいと思っている人たちの作品や商品を置いています。利用者はいわゆる作家さんだけではなく、農家さんや珈琲屋さん、トレーナーさんなどいろいろ。本業の方もいれば副業や趣味で行なっている方もいますよ。県外から泊まりにきたお客さんや、あるいは喫茶利用でぷらっと寄ってくれた地元のお客さんの目に留まって、知ってもらい実店舗へ…そんな流れも生まれています。めざしているのは『まちなかリビング』。まずは気軽に覗いてもらって、豊田市という街をおもしろがる人がたくさん増えるといいな、ここでの出会いをきっかけに新しい仕事や挑戦につながるといいなと思い、これまで運営してきましたが、実際に新しいことを始めた人が何人かいて、そういう人たちを見ていると『kabo.』をやっててよかった~と思います。

voice3

築90年超えの物件を気に入り、
大家さんに自分で交渉。
学生時代の仲間や
これまでつながりのある人たちが応援してくれた。

『kabo.』がある界隈は豊田市の中心街でありながら昔ながらの通りや商店街が残っていていいんですよね。豊田市内にはこういうところがまだまだたくさんあるんですよ。もともと街歩きが好きで、『kabo.』がお借りしている物件も自分で見つけて、大家さんにアポをとって交渉したのですが、大家さんに話をしに行くときはこれまでつながりのある人たちが同行してくれました。リノベーションでおせわになったのも大学時代の活動仲間や、これまでつながりがあった人たち。移転グランドオープンの当日、お祝いのお餅を手配してくれたのも商店街のお母さんたちや、近くの公園の整備で学生時代からおせわになった人たちでした。
またクチコミで『kabo.』のことを知ってくれた方も本当に多く、なかには行政にお勤めの方もいて、市が発信・主催するイベントの会場として使わせてほしいといった依頼もいただきました。『kabo.』のコンセプトを理解してくださり、こうやって豊田の魅力を発信する場として活用してもらえるのもうれしいですね。

voice4

豊田市で何か始めたい、
でも誰に相談していいかわからない―――
そういう人の力に、私もなりたい。

豊田市内で何かやりたい、でも知り合いなんていないし、誰に相談していいかわからない…そういう人は気軽に覗きに来てください。経営者としてはまだまだ勉強中ですが(笑)、〇〇だったらこの人に相談するといいよ、□□だったらこの人が詳しいよ…というように、人と人とを“つなぐ” お手伝いならできます。イベント当日は何かと忙しく、バタバタしていてゆっくり話を聞けないことが多いので、イベント終了後や平常時にぜひ。事前に連絡いただければ時間も作りますし、ウエルカムです!

私の特等席

わたしのフェイバリット/児ノ口公園(ちごのくちこうえん)

豊田市久保町3

特等席:写真

四季を感じられる豊田市のオアシス。
『kabo.』から歩いて30秒くらいの場所にある児ノ口公園。中心市街地にあるとは思えないほど緑が豊かで、四季の自然に癒されます。小川があって、広場もあって、遊具とかそういうものはないのですが自然はある!犬の散歩やウォーキング、木陰で井戸端会議など、地域の人にとってオアシスのような存在ですね。春はお弁当を持って丸太のイスに腰かけてお花見しています。
  • 移住・定住促進サイト

    ファースト暮らすとよた

    「ファースト暮らすとよた」は、
    街の賑わいと豊かな自然が共鳴する豊田市に定住をお考えの方々とのコミュニケーションを推進するプロジェクトです。

  • 豊田市
    • 〒471-8501 
      愛知県豊田市西町3丁目60番地 [ 地図 ]
    • 電話:0565-31-1212 ファクス:0565-33-2221
    • 開庁日:月曜日~金曜日 
      午前8時30分~午後5時15分
    • 閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日